甲斐犬・鈴丸~イケワン日記~

掘ったり、齧ったり、毟ったり・・・。日本一のイケワン(イケメン)になるため、岡山市在住の甲斐犬・鈴丸、日々頑張ってます!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
↑日本一のイケワン目指す鈴丸にポチっと応援を♪

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

色んな躾け方

毎週木曜日はスズの学校の日です。

IMG_0238.jpg

↑なんかこの写真、涎たれてますね・・・(汗)

・・・まあ、そんな事は置いておいて、スズも大分学校に慣れた模様。
というか、先生が好きな模様。
しかも、他のワンコにも会えるし、本人は楽しんでいる様子。
ただ、車に乗らなければならない事だけを除いては・・・ですが(笑)

IMG_0239.jpg

スズの先生は女性の先生です。
美人でスズ好みの年上の女性です。
(スズは、人間もワンコも年上女の子が好きなようなのです(笑))

私は、この先生の躾け方に共感して、スズの躾を頼む事にしました。
というのも、「一切叱らずに躾ける」方法だからです。

実は私、以前、シェパードを飼っていた事があります。
その子は訓練所に預け、しっかり躾をして貰いました。
そこのトレーナーの先生には、「犬は飴と鞭です」「悪い事をした時は、犬がキャンと鳴くくらい叱る(叩く?)ように」と言われていたのです。
そうしないと、犬に舐められてしまう・・・と教えられていました。

ですので、犬を躾ける用の本当の鞭も持ってました。
(訓練所で購入した物です)
その鞭を使い、ワンコが言う事を聞かない時はビシバシ躾けるようにしてました。

シェパードは、元々従順な性格だからなのか、それともそのワンコがとても気の優しい子だったからなのか、そんな厳しい躾け方でも、そのワンコは家族に牙を向ける事は一度足りともありませんでした。
常に優等生で、とてもいう事を聞いてくれていました。
だから、犬の躾け方は、これが正解なのだと思っていました。

するとある日、母がうどん屋で捨てられていた柴系雑種のワンコを拾ってきました。
黒柴っぽい男の子です。
シェパードで躾け方を成功していた我が家は、その新しく拾ってきた子にもビシバシ!躾けていきました。

しかし・・・、その子は、逆に反抗する子になってしまいました。
家族に牙を向ける事はなかったですが、でも、呼んでも来ない子になってしまいました。

恐らく、「傍に行ったら叱られる」と思っていたのでしょう。
今思えば、とても可哀想な事をしてしまいました。
反省してもしきれないです。
今でも、その子の事を考えたら、やり直したくて仕方ないです。
そこまで怒らなければいけないような事をした訳でもないのに、どうして私はあんなに叱っていたのだろうと。

その子の事を考えたら、今でも居た堪れないです。
きっとその子は、幸せな犬生を送れなかった事でしょう・・・
その子の気持ちを考えると、泣きそうになってしまいます。
本当に本当に、可哀想な事をしてしまいました。

だから、次にワンコを飼う時が来たら、絶対に叱らないようにしようと思ってました。
というか、無駄に叱らないようにしようと。
一杯の愛情を注ごうと。

そして、今のスズが居るのです。

シェパードとその柴系雑種の子を躾けていたのは、今から十五年くらい前の話です。
当時は、「犬には厳しく」という躾がメジャーだったように思います。
私も、その遣り方に疑いも持ちませんでした。
だって、その訓練所、優秀な警察犬を何頭も出したような、立派な所でもあったのです。
だから、疑う余地なんて無かったんです。

勿論、今でもその訓練所は素晴らしい先生方達ばかりだと思います。
でも、もし今も「叱って躾ける」方法を取っていらっしゃるのだとしたら、スズには合わないかもしれないなあ、と思ったんです。
ほら、日本犬って、ぐれやすいっていうし(笑)
だから、出来るなら「強制していう事をきかせる」「いう事を聞かないと、嫌な事がある」のではなく、「飼い主さんのいう事を聞いたら楽しい!」「いう事を聞かなかったら、つまらない」というように持っていきたかったんです。

今はワンコも「家族」の時代だと思います。
「いう事を聞かせる為だけの畜生」ではないですよね。
だから、私は叱らない(or出来るだけ叱らない)、褒める躾を選びました。

とはいえ、最初は「本当にコレでいいのかな?」と悩む事もありました。
叱らないという事は、正しい行動を教えるのも、それだけ難しいという事。
問題行動が一つ増える度に、「果たしてこのままいっていいものか」と不安になりました。

でも、これが結構上手くいくものなんですね。
先生の腕がいいのか、スズはメキメキ実力を上げていますし、然して困る問題行動も無いです。
それどころか、飼い主のコマンドを聞くのが楽しいらしく、お勉強の時間になったら嬉しそうに尻尾を振り、口を開けてニヤニヤしてる事が多いです(笑)

そして何より、「叱らない」という事は、私達人間の家族にもいい事だと思いました。

頻繁に叱っていると、どうしても怒り顔が多くなる。
ストレスが溜まる。
どうしてこんなにいう事を聞けないんだ!と思ってしまう。

けど、褒める躾をしていたら、笑顔が多くなる。
どんなに気分が乗らない時でも、笑顔を心がけていたら、本当に気分が晴れたりするものなんですね。
「笑う門には福来る」といいますが、それは事実な気もします。

お陰で、スズを叱る事なんて皆無に等しいです。
家族も、常に笑顔でスズに接しています。

勿論、この躾け方、私の父や母はかな~り抵抗あったようです。
「悪い事しているのに叱らないだなんておかしい!」と、随分と言っていました。
それでも、私は頑として譲りませんでした。
「スズは叱らない躾で大きくするんだ」と。

余りに私が頑固に言い切るものだから、父や母は「いう事のきかない駄目な犬になっても知らないんだからね」と言ってくれました(笑)
そこまで言われても、私はどうしても「叱らない躾」をしたかったんです。
以前のワンコが余りに可哀想だったからこそ、今度こそ力一杯可愛がってあげたかった。

功を奏してか、スズは叱らなくてもいい子に育ってますし、父や母も叱らない躾に少しは慣れてくれたようです。
時折、カチンときて叱ったりしているようですが、でも以前のようにねちっこく叱る事は無いです。
まあ、スズを叱っていたら、逆に私が怒るからかもしれませんが(笑)

ここまでダラダラと書いてしまいましたが、ワンコの躾け方って色々あると思います。
「飴と鞭」「飴と飴」「鞭と鞭」・・・、色んな遣り方があっていいと思います。
そのワンコとその家族が幸せならば、どんな方法でもいいんだと。

ただ、たまたま我が家は「叱らない躾」をチョイスしただけで。
世の人は、「甘やかしている」とか、「犬に舐められている」と仰るかもしれません。
確かに、それはあるかもしれません。
けど、今の時点で、我が家は不都合が無いのです。

スズには、贅沢を言いません。
世界で一番の賢い子になってくれなくてもいいんです。

でも、世界で一番の幸せな子になって欲しいんです。

IMG_0244.jpg

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
↑日本一のイケワン目指す鈴丸にポチっと応援を♪

| 躾・マナー教室 | 01:07 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

我が家もイタズラは一切叱りません・・・犬はなんでもカミカミするものだから…っと思っているから…お蔭で大変な事になってますが…
子供達のマンガやゲームをカミカミしても…『かあちゃん!ちゃんとひよりガード置いといて…母ちゃんは学習能力ないな!ひよりの事分かってない!!』っと私が怒られてます…
でも…きつく叱る時もあります…叱る事と見守る事…使い分けてます。
ワンコにとって…幸せなのは…飼い主がワンコの事を思っていろいろ考えてあげる事かな~
スズちゃん…幸せなワンコですねv-10

| 才蔵日和 | 2009/12/11 11:54 | URL | ≫ EDIT

>才蔵日和様

おおー!
才蔵日和さん宅も、イタズラは見守る派なのですねv-238
我が家でも、スズがイタズラしていたら、「そこに置いておいた方が悪い」って事になってます(笑)
なので、家族皆、余り物を置かないようになってますv-21

スズ、幸せなワンコにちゃんとなれているでしょうか・・・
何だかんだで、毎日試行錯誤する日々ですv-16

| ALICE | 2009/12/11 23:26 | URL | ≫ EDIT

家の場合は

こんばんは。
初めまして。雅&龍の父、そして黒狼犬舎さん出生犬の虎捺と一緒に暮らしてる者です。
うちでは、犬に対しては子供と一緒の様に接しています。悪い事をすれば怒るし、賢いことをすればとても褒めます 。
甲斐犬はとても人間を見ていますよ。
躾教室いいですね。でも、我が家の場合展覧会という目標に向かって犬を躾るのではなくて、共同作業にしています。
とても人間が楽しんでいます。自分らが楽しくなければ犬も絶対に楽しくないと思います。
だって、甲斐犬は親方大好きですもんね。
犬から沢山教わる事がありますね。

| 雅&龍の父 | 2009/12/12 00:12 | URL |

>雅&龍の父様

初めまして、コメント有り難うございますv-9
凄く嬉しいですv-221

雅&龍の父さんも黒狼家様出身のワンコですか~v-21
実はこっそり、黒狼家さんのブログで度々お名前を拝見させて頂いておりましたv-218

実は・・・我が家も展覧会への目標は無しだったりします(笑)
今行ってる躾教室は、いわゆる「マナー教室」といったもので、「家族と一緒に楽しく過ごしましょう」ってテーマの学校なんですv-238
なので、全然難しい事とかは勉強してないんですよ(笑)
ただ、スズの社会化勉強にもなるかと思いましてv-91

雅&龍の父さんが仰る通り、ワンコの躾って、子育てと同じっていいますよねv-21
沢山の愛情を持って応じれば、きっとワンコにも通じますよね♪
私は、昔、厳しく躾ける事しか出来ていなかった事が恥ずかしいです・・・

| ALICE | 2009/12/12 01:03 | URL | ≫ EDIT

No title

ALICEさんのお宅のシェパードさんと柴雑種さんのお話…とても参考になりました。
厳しくしつけることで立派な犬になる子もいるし、同じように厳しくしたら萎縮するだけの子もいるのですね。
犬のしつけ、難しいですね。「これが正解!」というのはおそらくなくて、多分、その子その子に合ったしつけかたというのがあるのでしょうね。
そういう経験をなさったお宅にひきとられたスズさん、シアワセわんこだと思います。

うちも、叱るのは極力避けています。
もともと、叱らなければならないほどのことは、めったにしないので。家の中にいるわけではないから、齧られて困るものも特にないし。
叱るのは、今は「拾い食い」だけでしょうか。めったに叱らないので、たまに思いっきり叱ったら反省してくれる…かと思いきや。なかなか拾い食いがおさまらないのが悩みのタネですぅ(汗)

| ねこた | 2009/12/12 11:22 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/12/12 22:35 | |

>ねこた様

そうなんですよね・・・、本当、犬種で性格って違うと思いますし、勿論、その子その子でも性格って違うんでしょうねv-35
それなのに、柴雑種の子には、本当に可愛そうな事をしましたv-11
今でも思い出すと、可哀想過ぎて、涙が出てしまいます・・・
幸せな犬生を送らせてあげられなかった事、凄く後悔しています。

拾い食いは、確かに困っちゃいますよねv-11
うちのワンは食べ物に興味がないので、拾い食いはしないのですが・・・拾い遊びはします(泣)
というのも、ティッシュやペットボトルなど、そういうゴミを見つけたら、「ひゃっほーい!」って感じでテンション上がるんですv-16
その度に取り上げるのも一苦労です(汗)

| ALICE | 2009/12/17 16:28 | URL | ≫ EDIT

>風華★親爺様

有り難うございます(泣)
そう言って貰えて、本当に嬉しいです・・・
前回のワンには本当に可愛そうな事をしてしまったので、スズは絶対に幸せなワンコにしてあげたいと思ってます。

我が家も、「作業犬」ではなく、「家庭犬」で十分だと思ってますv-238
厳しく躾けて仕事をさせるのも、またその子の幸せがあるのかもしれないですが・・・でも、我が家ではマッタリと「家族」として一緒に居たいと思ってますv-221

芸を覚えて貰うのも、それはそれで楽しいとは思うのですが、やっぱり信頼関係を築く方が大事ですもんねv-9
頑張りま~すv-91

| ALICE | 2009/12/17 16:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suzumaru0411.blog99.fc2.com/tb.php/108-7a14bf49

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。