甲斐犬・鈴丸~イケワン日記~

掘ったり、齧ったり、毟ったり・・・。日本一のイケワン(イケメン)になるため、岡山市在住の甲斐犬・鈴丸、日々頑張ってます!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
↑日本一のイケワン目指す鈴丸にポチっと応援を♪

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初代の犬「コロ」~子供と犬について~

私が飼って来た犬は、スズを入れて4頭。

最初は、雑種犬の「コロ」
次に、シェパードの「キンリー」
そして、うどん屋の前でダンボール箱に入れられていた雑種犬の「ピーター」
最後に、甲斐犬の「鈴丸」

コロは、私が生まれてから、小学校の低学年(?)くらいまで生きてくれていました。
そのコロによって、私は沢山の事を学びました。

そういえば、イギリスに下記のような諺があるそうですね。

IMG_1884.jpg

子供が生まれたら犬を飼いなさい。

子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。

子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。

子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。

そして子供が青年になった時、

自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。

IMG_1883.jpg

コロは確かに、小さな私を護ってくれていました。
遊び相手となってくれていました。

そして、最後に・・・、命の尊さを教えてくれました。

命というものは本当に儚いもので、実際にそこにある時には、何の価値も見出せない。
「居て当たり前」「生きていて当たり前」になってしまう。
だからこそ、過ちを犯してしまう事もある。

実際、私はコロを「うっとうしい存在」だと思ってしまった事がある。
だから、「あっちに行って」と、突っ撥ねてしまった。

でも、その命がなくなったその時に、気が付くんです。
その命が、どんなに掛け替えの無い存在だったかを。

「後悔先に立たず」とは、よく言ったもんだと思います。
どうして私は、もっとコロを大事にしてあげる事が出来なかったのでしょう。
どうして私は、もっとコロに寄りそう事が出来なかったのでしょう。
どうして私は・・・

挙げたらキリがないくらいに、悔やまれます。
当時、小学校低学年ながら、コロを亡くした私は沢山の後悔に苛まれました。

犬や猫、その他のペットを飼った事がある人は、そのペットが亡くなった時、大概が「あの時、こうしてあげていれば」と思ってしまうそうです。
私も、ご多分に漏れず、そうでした。

本当に、スズには後悔したくない。
精一杯、愛情をかけてあげたい。

切に、そう思います。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
↑日本一のイケワン目指す鈴丸にポチっと応援を♪

| 自己紹介・ご挨拶 | 00:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT


心に、しみる内容でした

うちも、最近ニャンコが死んじゃったのでいろんな思いが残りました。

| カイカイ | 2011/07/14 18:24 | URL |

>カイカイ様

カイカイさん宅のニャンコちゃん、一足先に虹の橋に行ってしまわれたのですね・・・
ダンちゃんも、寂しがってるでしょうね(;_;)

本当、ペットの死って悲しすぎます・・・
後になって思う事って、一杯ありますもんね。

でも、ニャンコさんはきっと幸せだったと思います。
ペット思いのカイカイさんや、兄弟のダンちゃんもいて、賑やかで楽しい時を過ごせたんじゃないかな・・・

カイカイさんも、余り気を病まないよう(T_T)
ニャンコさんは、今、虹の橋でノンビリと遊んでると思います。

| ALICE | 2011/07/14 22:14 | URL |

 本当にそいうですね。
私も、結婚をして、初めて犬を飼いました。
実際、実家でも飼っていたのですが、面倒は祖母がみて
いて祖母の犬という意識でした。

 主人が小学生のころから20年間一緒に過ごした
前の犬は、結婚して主人が私と別の家で住むようになり
変な声を出したり、するようになり、こっそり禁止の
アパートで一緒に過ごしました。

 1年とちょっと、とっても大切な思い出ばかりで
亡くなってからは心に二人ともぽっかりと穴が。

 今でも思うと涙が出ます。
心の中でいつも、そばにいてねと話しかけています。

| ちい | 2011/07/16 18:28 | URL |

>ちい様

分かります、分かります~(T_T)
いつまでも傍に居てねって、私も思います・・・(泣)

ワンコから貰った沢山の思い出は、すごく素敵で、ちょっぴり切なくて、悲しい後悔なんかもあって・・・、
色々複雑な思いがあるけれど、やっぱり素敵な思い出ばかりです(;_;)

ちいさんの旦那様が飼われていたワンちゃんは、大好きな人達に囲まれて、凄く幸せだったでしょうね☆
今も、ちいさんや旦那様のお近くで、見守ってくれてると思いますよ(^ω^)

ワンは人には見えないものが見えるって言うし、
もしかしたら、そのワンちゃん、こっそりとりょうちゃんの前には現れてるかもしれないですよね♪

| ALICE | 2011/07/16 23:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suzumaru0411.blog99.fc2.com/tb.php/401-69c1d0d0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。