甲斐犬・鈴丸~イケワン日記~

掘ったり、齧ったり、毟ったり・・・。日本一のイケワン(イケメン)になるため、岡山市在住の甲斐犬・鈴丸、日々頑張ってます!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
↑日本一のイケワン目指す鈴丸にポチっと応援を♪

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

子宮蓄膿症にかかったあの子~その2~

「病院で、子宮蓄膿症だと言われた」とララちゃんのお母さんから聞いた私。
その瞬間、「やっぱりか」という思いと「まさか」という思いが交錯しました。

いや、一番は「どうして私はララちゃんのお母さんに、その病気の事を教えてあげなかったんだろう」という思いが大きかった気がします。

スズがララちゃんに対する反応が変わっていたあの頃。
ほんの少しですが、「おかしいな」と思っていた私。
「いや、まさかね」なんて思いつつも、ちょっと疑問を抱いていた私。

どうして私は、その時にララちゃんのお母さんに教えてあげなかったんでしょう。

ララちゃんのお母さんは、最近、旦那さん(ララちゃんからすれば、お父さん)を亡くされたばかり。
子供さんはとっくに成人し、結婚し、家を出られております。

つまり、ララちゃんのお母さんは、ララちゃんと二人暮らしなのです。

ララちゃんのお母さんは、ララちゃんを連れて、よく「この子が居なくなったらと思うと・・・」と言っていました。
旦那さんが亡くなられて以降は特に、ララちゃんが心の支えであり、生き甲斐だったと言います。
それゆえ、田んぼの仕事も、畑の仕事も、近所の買い物も、遠出する時も、何処に行くにもララちゃんを連れて行かれていました。

そんな人生のパートナーであるララちゃんが、突然、病気に侵されたのです。

私は、ララちゃんのお母さんが、物凄くララちゃんを可愛がっている事を知っていた筈なんです。
冬には「寒いから」と手作りの服を着せてあげたり、夏には「暑いから」と首に保冷剤を巻いてあげたり。
ララちゃんが水好きだからと、頻繁にお風呂に入れてあげたり。
手作りの野菜やオヤツをあげたりもしていました。

私は、ララちゃんが本当に大事にされていた事を、知っていた筈なんです。

それなのに。
私は、「スズのララちゃんに対する反応がおかしい」と、教えてあげなかった。
「念のために、病院で健康診断をしてもらったら?」と勧めることさえ、しなかった。

それを言ったら、「余計なお世話だ」と思われそうだったから。
私の勘ぐりすぎだと思ったから。

でもね。
今になってこそ、後悔しています。
たとえ「大きなお世話だ」と思われていたとしても、教えてあげるべきだった・・・と。

ララちゃんは、病院で膿を出す薬を頂いたそうです。
とりあえずその薬を10日飲み、経過観察しましょう、という事だそうです。

しかし、ララちゃんはご飯を食べません。
薬も飲んでくれなかったそうです。

そこで、うちの父は、ララちゃんにお肉を持って行きました。
お肉と一緒に出したら、薬も飲むのではないかと思って。

お肉効果か、ララちゃんはガツガツとご飯と薬を食べて(飲んで)くれたそうです。
これで、一先ずは安心だね・・・と言っていたのが、ほんの数日前。
ララちゃんは、再びご飯を食べなくなってしまいました。

そして、ララちゃんちのお庭の犬小屋から、ララちゃんが忽然と姿を消しました。
いつも散歩時にララちゃんちの前を通って挨拶をするのが日課になっていたのですが、いつ行っても、その姿が見えないのです。

IMG_1626.jpg

すみません。
また長くなってしまいました。

続きます。

(写真は、ララちゃんとは関係ないですが、ムスっとしているスズです(笑))

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
↑日本一のイケワン目指す鈴丸にポチっと応援を♪

| 病院&お薬 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お久しぶりです♪
ララちゃん、相当辛かったでしょうね。
でも、飼い主さんが気が付かなかったのは分かるような気もします。
そして、どうして教えてあがなかったのだろうと思うALICEさんの葛藤するお気持ちも。
私が昔飼っていた猫が蓄膿症で手術をしました。
犬も猫もメスには多い病気ですものね。
特に、未避妊で出産歴のないシニアのメスに多いそうです。
クララもそれらを考えて避妊に踏み切りました。
蓄膿症はかなりの痛みも伴うといいますから・・・
少しだけ?と思ったのは、どうしてすぐに手術してくれなかったの?という事。
獣医さんの方針にもよると思うのですが、私は蓄膿症が薬で治ったと聞いた事がありません。
個人的には蓄膿症とわかった時点ですぐに手術(全摘避妊)するのが一般的だと思うのですが。
>お庭の犬小屋から、ララちゃんが忽然と姿を消しました。
続きも拝見させて頂きますが、蓄膿症とは別の病気も併発していない限りは大体助かる病気なので、もし何かあったのなら辛いですよね。

長くなってすみませんi-229

| バンビママ | 2011/11/03 09:11 | URL | ≫ EDIT

久しぶりにのぞいてみたら・・
なんかちょっと悲しい記事(T_T)

ララちゃんどうして小屋にいないのでしょ。。手術かな
早く元気になってほしいね


| めぐみん | 2011/11/06 19:14 | URL |

>バンビママ様

お返事、遅くなって申し訳ないです(泣)
最近、なかなかパソコンを開かない無精者ゆえv-11
御免なさい~v-356

ニャンコも蓄膿症が多いのですか!
ワンコもメスを飼った事がないので分からなかったのですが、意外に多いのですね・・・

実は、私も手術をするのが普通だと思ってましたv-356
本などで見ていたら、大概は摘出手術と書いていたので・・・
どうやら獣医さん曰く、「薬で膿が出る場合もあるので、まずはそれを試してみましょう」との事だそうです。
でも、それだったら、また再発の可能性もあるような気がするんですよねv-292
多分、ララちゃんのお母さんも、「お腹を切るのは可哀想だから、薬で治るなら・・・」と考えたんだと思います。

それはそうと、バンビママさん宅のゴンちゃんも、大変な事になっていたのですよね・・・
長い間パソコンから遠ざかっていて、その間にゴンちゃんが大変な事になっていたと知り、激しく動揺しましたv-292
慌てて携帯からメールを送ろうとしたのですが、思いのほか長くなってしまって(汗)、それを推敲している間に、ママさんがこのブログに書き込みして下さってましたv-356
遅くなって御免なさい(泣)
ある日突然、私から長ったらしいメールが来たら、軽く流してやって下さいv-355

ゴンちゃん・・・おじいちゃんになっても元気で頑張っていたゴンちゃん・・・、何だかショックです。
本当、頑張って欲しいです・・・

| ALICE | 2011/11/14 20:32 | URL |

>めぐみん様

めぐみさんも、その後、お調子はどうでしょうか???
心配してましたよ~!

めぐみさん、石が出来てたんですよね?v-356
石って、もうメッチャクチャ痛いって言いますよね。
大丈夫でしょうか?
無理はされないで下さいねv-292

| ALICE | 2011/11/14 20:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suzumaru0411.blog99.fc2.com/tb.php/431-d5f1c033

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。